▲ HOME ... 在宅ケアにおける感染対策と消毒の実例集目次 ... 2.在宅人工呼吸療法の方法と感染対策
Point

2.在宅人工呼吸療法の方法と感染対策



■概要

在宅人工呼吸療法とは、疾患などにより十分に機能しなくなった呼吸器に代わって、必要な肺換気を機械的に補助、または代行する方法です。


■基本的な処置方法と感染対策

処置方法:

機器の接続方法・交換方法はメーカーの指示通りの手順で行います。


感染対策

気管切開陽圧換気療法(TPPV)と非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)の管理上の注意点


1.気管切開陽圧換気療法(TPPV)での管理上の注意点

  • ディスポーザブル呼吸回路は、汚染がなければ1週間ごとに交換します。

  • 加湿器には滅菌精製水を使用して、24時間以内に交換します。

  • 人工鼻は原則として24時間ごとに交換します。

  • 再使用する呼吸回路は基本的に医療機関で消毒・滅菌をします。

−自宅でメンテナンスをしなければならない場合には−

  1. 各部品を取りはずします。

  2. 各部品を洗浄します。

  3. 洗浄後、熱水消毒をするか、0.01%次亜塩素酸ナトリウム液または0.1%の逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)水溶液に1時間浸し、水道水で十分に洗い流した後、ほこりのかからない場所で日陰干しします。

  4. 乾燥後に組み立ててビニール袋に入れるか、ほこりなどがかからないように保管します。

2.非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)での管理上の注意点

  • 加湿器の位置は水が逆流しないように機械本体よりも低く設置します。

  • 鼻マスクは毎日拭きます。また、1〜2週間ごとに鼻マスクを中性洗剤の入ったぬるま湯で洗浄して、その後よくすすぎ、日陰で乾燥させます。

  • 回路内およびウォータートラップに溜まった水は定期的に排水します。

  • 加湿を行う場合は、加湿器に滅菌精製水を使用し、指示されている線まで満たします。水は毎日交換します。

  • 花粉フィルターは2週間ごとに交換します。取りはずしたフィルターは洗剤入り温水で洗浄し、きれいにすすぎ、乾かします。

  • 極微細フィルターはディスポーザブルなので定期的に交換します。

  • 鼻マスクを使用しないときは、清潔な布で覆い、清潔を保ちます。

  • 呼吸回路は1〜2週間に一度、医療機関が準備する予備の回路と交換してメンテナンスします。

−自宅でメンテナンスをしなければならない場合には−

  1. 各部品を取りはずします。

  2. 各部品を洗浄します。

  3. 洗浄後、熱水消毒をするか、0.01%次亜塩素酸ナトリウム液または0.1%の逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)水溶液に1時間浸し、水道水で十分に洗い流した後、ほこりのかからない場所で日陰干しします。

  4. 乾燥後に組み立ててビニール袋に入れるか、ほこりなどがかからないように保管します。

【医療従事者のためのリンク】セミクリティカル器具



<< 前のページに戻る  ▲ページトップ △ HOMEに戻る  次のページへ進む>>


Yoshida Pharmaceutical Co.,LTD.